役者の魅力

役者さんにはたくさんのJT 中途採用魅力が有りますよね。昔から言われている言葉に「ヒモと役者は一度やったら止められない」と言うのが有ります。止められない程の魅力って一体何なのでしょうか。役者さんになるには色んな理由が有ると思います。好きな俳優さんがいて、その人と同じ仕事をしたいから。演劇を昔観に行ってハマってしまったから、お母さんか劇団に入れてその流れでなってしまった。人気スターになりたいから。等、本当に色々だと思います。どんな理由であっても最初は演技をする事自体下手で照れ臭くてと言う感じだと思うのです。でも続けてやっていく内に内気さが解消され、表情も明るくなり、自分の意見を言える様になる人がたくさんいたり、その努力が実って台詞をもらって演劇に出演できる様になったりと徐々に魅力にハマっていくのだと思います。貰った役が通行人の役だったとしても、かなり嬉しいみたいですよ。また、舞台の上で観客にもらう拍手に嬉しさを感じまた拍手を貰いたいと役者を続けて行く人が多いみたいです。
また何かを演じる事に魅力を感じる人も多いみたいで、表現力を養ったり、演出をどう捉えて表現していくか自分で考えたり、出来なくて泣いたりと辛いんだけどそれが楽しいみたいです。そこを乗り越えて立つ舞台はきっと格別な物が有るのでしょうね。人気と実力は必ずしもイコールだとは限らない世界ですが、演劇が好きでメディアに出ないような役者さんも世の中にはたくさんいるのです。それでも良いと思える程、役者には魅力が有るのでしょうね。